水虫自宅治療

正しく理解する

水虫を自宅で治療する有名サイトのご紹介

画像2
詳しい情報はこちらから

画像3
詳しい情報はこちらから

正しく理解する

はじめに理解しておくべきなのが、水虫にはいろいろな種類があるという点です。次のような症状が現れたら、水虫になっていると思ったほうが良いかもしれません。 水虫の種類ごとに見受けられる症状というのは異なりますが、一般的な症状としては、皮がむけるという状態です。 皮の色が白身を帯びるようになり、皮が抜け落ちていきますが、症状が強くなると、皮がはがれたところから赤い肌が確認できるようになり、痛みを伴うようになります。 さらに水ぶくれもよくある症状で、足の裏にできるというのが一般的な特徴です。 大きさはさほど大きくなりませんが、小さめの水ぶくれがたくさんできて、潰れた時に出る液体は透明です。 足の裏にできているということもあり、水ぶくれが大きくなると、自然に潰れてしまうことが多くなるので用心しなくてはなりません。 水ぶくれが潰れてしまった部分は、痛みだけでなくかゆみも発生してしまうので、とても困ります。 これ以外にも、目で見た感じでは変わりは感じ取れないけれどかゆみや痛みが生まれたり、皮膚が白く変化してしまうという水虫もあります。 痛さやかゆさが現れない場合はそのまま何もせずにいてしまう人が多いですが、早急に治療を進めて、完璧に治すことが望ましいでしょう。 最初のうちは自覚できる症状が現れないということも水虫の特徴なので、痛みやかゆみ、さらに見た目にも変化があるときには、その時点で初期段階ではないということです。 季節によって症状が現れたりするものもあるので、毎年特定の季節だけ水虫に悩まされるという人も、適切な治療を受けることで完治します。

水虫の原因は?

水虫の元となるのは白癬菌(はくせんきん)で、この白癬菌が体に見られることで生じます。
菌と呼ばれていますがカビの仲間であり、ケラチンという角質層の物質を栄養にして成長していきます。
なので、水虫の症状が見られるということは、カビが皮膚についていて、それが広がっていると考えられるのです。
ケラチンは体の様々な部分にある成分でもあるため、いろいろな場所の皮膚に寄生する恐れがあるということが言えます。
でも、白癬菌が皮膚についたら絶対に水虫になるとは限りません。
高温多湿という白癬菌に適した条件が揃ったら症状が見られるようになります。
この点からも分かるように、「水虫に接触するだけでうつる」と頻繁に言われますが、触れた際にも石鹸などで十分に洗い流すことにより、水虫になることはありません。
日本には高温多湿の状況がよく見られるため、それも日本人が水虫になりやすい原因と考えられます。
暑い時期など足が蒸れやすいシーズンには、極力足の通気を保てるように考えてみてはどうでしょうか?
靴下の上から通気性が良くない履物を長い間連続で履くと、靴の中が蒸れてしまうので、サンダルなどを使うようにしましょう。
寒い時期も、ブーツなどの湿気がこもりやすい靴を履くことが多くなってしまいますが、日頃から足を清潔に維持しておくように注意しましょう。
一緒に住んでいる人から感染することもあるので、家族に水虫患者がいるようなら、気を配らなくてはなりません。

 

 

水虫は再発するの?

水虫になった経験がない人もいれば、治ったように思えたのに再発する人もいます。
各人で、水虫にかかりやすい・かかりにくいはそれぞれですが、どういったタイプの人が水虫を発症しやすいのでしょう。
白癬菌と接触しても、しっかり洗い流せば良いのですが、何日か入浴しないというときは危険になります。
次第に繁殖して症状が引き起こされますが、症状が現れやすい足などは、きちんと指の間まで洗うように気をつけましょう。
しかも、足が蒸れている状況にある人は菌が増えやすいので、日頃から靴を長い時間履き続ける人は気配りが必要です。
仕事で営業先を回るときなどは、ほとんどの人が通気性の悪い革靴を履くため、営業の仕事の人に水虫が増えやすいという関連性があるようです。
現代は女性で営業職をしている人も増えてきたため、男性のみに限った話ではありません。
少し前までは、学校の後はすぐ家に帰ってくる子供が大半でしたが、現在では塾に通って勉強をする子供もたくさんいます。
通常、塾は土足となっているので、足が蒸れやすく、水虫にかかってしまう子供が多くなってきました。
原因は様々ですが、特に気をつけたいのは、足の通気性を妨げていないかということです。
足に汗をかくことが多い人は、より一層蒸れやすい環境にありますので、靴を脱ぐ時間を作って足を乾かすことが必要でしょう。
ストッキングを身につけている女性も、可能な限り通気性の良い商品を探すようにしましょう。

 

 

水虫の治療

水虫というと、前もって防ぐことが重要ですが、万が一なってしまったら早めに治療を開始しなくてはなりません。
最初に皮膚科の先生に見せて、水虫にかかってしまったかどうか、その状態について教えてもらいましょう。
ドラッグストアで自分で薬を選んできて、それで治せると考える人もたくさんいるようですが、完治できないことも多いようです。
早い段階で治癒させたいと思っているとすれば、皮膚科医がいる専門機関で診察してもらわなくてはなりません。
どのような方法で診断が下されるのかというと、患部の角質層を顕微鏡などを使用して確かめて、菌が存在しているか見ていきます。
水虫の症状と同じような病気も数多くありますが、菌が含まれるか確認することで、水虫とは違う病気であるのかどうかを確かめられるのです。
症状を初期段階で抑えたい人も皮膚科で診てもらったほうが良いですが、ひどくなった人も、皮膚科を訪れ受診するのが良いでしょう。
ドラッグストアに並んでいるのは塗るタイプの薬ですが、皮膚科では内服するための薬も出してくれます。
水虫の薬は菌を殺すために製造されていますが、外用薬を塗るだけでは成分が浸透しない部分に菌が発生している場合もありますので、そういうときは内服薬が効くかもしれません。
水虫で死んだりはしないからとなかなか病院に行かない人もいますが、慢性化すると治療が大変なので、きちんと治療しましょう。